当会概要

釜山日本人会は、釜山等韓国東南部に居住されている方を中心とした日本人コミュニティーで、1972年8月に発足しました。会の構成,目的及び活動は以下の通りです。

 


会員構成(2018年6月30日時点) 

総会員数(含む家族会員) 337名
法人会員数 60社
正会員数 210名

 


会の目的

  • 会員の円滑な商工業活動等の促進
  • 会員相互の親睦並びに会員の啓発及び福祉向上
  • 日韓経済関係の円滑な発展の促進
  • 日韓両国民の親善への寄与及び韓国社会への貢献

 


全体の活動内容

  • 毎年4月の定時総会
  • 毎月1回の理事会及び各部会(日本人学校運営委員会、会報編集部会、経済部会、個人部会、体育部会、レクリエーション部会、日韓交流部会)
  • 月例ゴルフ大会、ボーリング大会、旅行会等のレクリエーション行事
  • クリスマスパーティ等の各種懇親行事
  • 釜山市内の各種国際交流団体(釜山韓日親善協会、釜山国際交流協会、釜山韓日文化交流協会)との親善・交流行事
  • 大学との交流(交流会開催、韓国大学生日本語ディベート大会共催)
  • 釜山日本人学校の運営
  • 会報の発行(月1回)

 


理事会

会長   津田 裕史(韓国MCCロジスティクス)
副会長1名,会計理事1名,理事13名,監事2名

理事会の活動内容

  • 各種活動、イベントに関する討議
  • 入退会の承認
  • 会員名簿の作成
  • 緊急連絡網の整備
  • 歳末義援金の募集
  • その他会の運営に関わる事項の討議