韓国の伝統茶で心も体も温かく…

冬の寒さを乗り切るために、温かい飲み物で、心も体も温まりませんか?
温かい飲み物といえば、いろいろありますが、「韓国ならでは」というと、やはり「茶」ですね。「茶」というと、日本人のイメージでは、「葉」の類を湯に浸して抽出した飲み物をイメージしますが、韓国では、エキスをお湯に溶いたものも含まれているように感じます。1年中いろいろなお茶が楽しめますが、この季節ならではの、韓国の方々がとくに冬に飲む、健康によい食材を使ったお茶を、それぞれの効能などと一緒に紹介してみたいと思います。

○柚子茶(유자차)ユジャチャ

日本でもよく販売されていて、ご存知の方も多いかもしれません。柚子(ゆず)の実をスライスして砂糖に漬けたもので、見た目はマーマレードに似ています。咳や頭痛、神経痛などに効果があり、ビタミンも豊富なので、美肌や風邪の予防にもよいと言われています。

○木瓜茶(모과차)モグァチャ

カリンの実を細かく刻んだものを砂糖に漬けたものです。カリンの実は、見た目も食感も洋梨に似ていますが、実際は木材のように非常に硬いので、細かくスライスしたり刻んだりして作られます。風邪の予防に効果があり、とくに喉の痛みにも効くとも言われていて、韓国のコンビニなどでよく見かけるのど飴の材料にもなっています。

○生姜茶(생강차)センガンチャ

生姜(しょうが)をみじん切りにしたものを砂糖に漬けたものです。生姜には、日本でもよく知られているように身体を温め、疲労を和らげてくれる効果があり、悪寒や発熱のあらわれる風邪の初期
症状の時に飲んでもいいようです。また、韓薬の薬効成分を体の中に素早く吸収し、薬剤の中の強い成分を緩和、解毒する作用もあります。